支援を受けたい方へ地元の商店の方へ運営についてお問合せTwitter

お届け先のご紹介

亘理町吉田の被災宅・仮設住宅

亘理町吉田の被災宅、または仮設住宅入居者のグループです。

亘理町吉田の仮設住宅に入居している斎藤さんの自宅は津波により全壊し、その後取り壊されました。
現在は家族七名で仮設住宅に入居しています。
ご両親は長年農家をしていましたが、田んぼや畑も津波で使える状況ではなく、農機具もすべて流されてしまいました。
家族で所有していた車は計5台を流失しました。自家用車も農機もローンが残っていますが、保険はおりません。
支援物資は同じ仮設住宅の方々にも配布しています。

斉藤さん(上記とは別の方)は壊れた自宅を直しながら住んでいます。
両親の家もすべて流されてしまい、いちご畑も泥の中です。ローンもありこれからの生活を心配されています。
支援物資は自宅避難者には渡してもらえず、苦しい思いをされています。小学生と幼稚園児がいますが、おやつもなかなか買えない状態です。ボランティアさんからいただいたものを近隣で分けあっているとのことです。
付近は電柱が倒れたままで電気は通っておらず、電話回線もつながっていません。家屋の一階はすべて流され、外にある水道で食器などを洗っています。
(6月時点での記述です。現在は電気、水道、電話などは復旧しています。2011年12月18日追記)

ご支援をよろしくお願いいたします。

関連情報

[581]斎藤さん避難宅 – ふんばろう東日本支援プロジェクト

現在支援が必要とされている物資

  • 現在掲載中の物資はありません。ご支援をありがとうございます。


これまでにご支援していただいた物資


関連記事

メッセージを残す