支援を受けたい方へ地元の商店の方へ運営についてお問合せTwitter

お届け先のご紹介

石巻市鹿妻南県営・市営住宅

二階まで浸水した県営・市営住宅です。二階以上の方はなんとか住めている状態です。

近隣世帯の中には両親ともに失業してしまった世帯もあり、町内会長の加藤さん他数名が、この集合住宅に住む方の分の要望をとりまとめ、配布しています。

木村さんは、1歳~10歳の子供を含む、8世帯23人の要望をとりまとめています。
公的支援は打ち切られ、仕事も収入のない生活が続いています。まだ先の見通しが立てられません。

渡邉さんは三階に住んでいますが、地震で物は壊れ、車二台と共に中に入っていたパソコン、仕事道具なども流出しました。
水産関係で働いていたため仕事はなくなり、現在片付け作業をしながら、ハローワークに通い失業保険で生活しています。
実家は亘理町で半壊し、同様に職場を失ってしまいました。
6世帯30人分をとりまとめています。渡邉さんには5人のお子さんがおり、また、同グループに赤ちゃんだけで6人います。

小松さんの自宅は全壊し、現在は市営住宅に住んでいます。同様に被災した35人の代表として支援物資をとりまとめています。
近くにお店が(被災して閉店)なく、皆さん自動車を流されてしまい、買い物ができません。

8月20日に催される4町合同の夏祭り「がんばっちゃ鹿妻」への支援も受けつけています。(2011年8月12日終了)

ボランティアの人々の活動によって、公営鹿妻南集会所が復旧しました。しかしこれまでのところ、宮城県、石巻市、地区行政からの支援がありません。(2011年11月30日)

同じく地元ボランティアさんにより、被災して使えなくなっていた明和会館が使えるようになりました。石巻市の施設ですが、これまで市などからの支援は一切ありません。(2012年2月29日)

ご支援よろしくお願いいたします。

現在支援が必要とされている物資

  • 現在掲載中の物資はありません。ご支援をありがとうございます。


これまでにご支援していただいた物資


関連記事

メッセージを残す